公開講座「地域循環共生圏で実現する豊かな地域を目指そう」~日本発の脱炭素化・SDGs構想~
sdg_logo_ja_2_01.jpg
国の第五次環境基本計画で示された「地域循環共生圏」について理解を深めるとともに、温暖化防止活動を含む日本の脱炭素社会に向けたシナリオを学ぶ講座です。
東京オリンピック組織委員会として藤野氏が手がけた「持続可能性に配慮した運営計画」等について講演いただきます。

日時:令和元年8月30日(金)10:30~12:40
場所:岩手県民情報交流センターアイーナ8階 803会議室
講師:藤野 純一氏
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
都市タスクフォース プログラムディレクター上席研究員
参加費:無料
申込み・お問合せ:環境学習交流センター・岩手県地球温暖化防止活動推進センター
E-mail:eco@aiina.jpまたは iccca@aiina.jp
FAX:019-606-1753 TEL:019-606-1752

主催:環境学習交流センター・岩手県地球温暖化防止活動推進センター

講師プロフィール
藤野 純一 (ふじの じゅんいち)
Junichi_Fujino.jpg
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
都市タスクフォース プログラムディレクター上席研究員
1972年5月生、大阪育ち。東京大学大学院博士課程(電気工学)で2100年を想定した世界のエネルギーシステムを分析(SDG7)。2000年国立環境研究所入所。「2050年低炭素社会研究」に携わり、CO2削減に関する政府の委員会に参画(SDG13)。2010年秋から環境未来都市推進委員として自治体を支援(SDG11)。現在はアジアの国や自治体の脱炭素化・SDGs実施にも関与(SDG17)。2019年4月からIGES専任。気候変動のCOPは2005年のCOP11から、SDGsの世界大会のHLPFは2018年から毎年参加中。
主著書に「低炭素社会に向けた12の方策」(日刊工業新聞社)、「みんなの未来とエネルギー」(文溪堂)、「SDGsの実践~自治体・地域活性化編」(事業構想大学院大学)

※地域循環共生圏(環境省 HP)

※東京オリンピック持続可能性に配慮した運営計画(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 HP)

20190830_page-0001.jpg



【地域循環共生圏に関する講座・フォーラム】今後の予定

地域循環共生圏フォーラム

日時:2019年11月21日(木)13:30~18:00
会場:いわて県民情報交流センター・アイーナ7階 小田島組ホール
プログラム:
●基調講演1「地域循環共生圏を岩手から」(仮) 
 中井徳太郎氏(環境省 総合環境政策統括官)
●基調講演2「地域循環共生圏を後押しするESG投資のながれ」(仮)
 吉高まり氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社環境戦略アドバイザリー部チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト
●基調講演3「東北の森づくりと人づくりで進む地域循環共生圏」(仮)
 佐々木豊志氏(NPO日本の森バイオマスネットワーク理事長、青森大学総合経営学部教授/青森大学SDGs研究センター、一般社団法人くりこま高原自然学校代表理事、盛岡市出身)
●オープン・ディスカッション

主催:サスティナビリティ・フォーラム実行委員会
事務局:岩手県地球温暖化防止活動センター(認定NPO法人環境パートナーシップいわて)
共催:東北環境パートナーシップオフィス
後援(予定):環境省、温暖化防止いわて県民会議、岩手県、岩手大学、岩手県立大学、(一社)日本サスティナブルコミュニティ協会ほか

お問合せ:岩手県地球温暖化防止活動センター(認定NPO法人環境パートナーシップいわて)
TEL:019-681-1904 FAX:019-681-1906
担当:櫻井、佐々木


県内のイベント情報はイベントカレンダー

***情報板***

スタッフによるつぶやき。 Twitter Iwate_eco

岩手県の情報はこちら 岩手県公式ホームページ