●推進員派遣報告
実施日
2013年6月19日
研修会
奥州市小中学校における環境学習事業
テーマ
地球温暖化を防ごう隊の事前学習
推進員
徳谷 喜久子
主催者
奥州市
対象
奥州市立田原小学校3、4年
地域
奥州市
内容
「地球温暖化ふせごう隊員ノート」の導入として地球温暖化のメカニズム、日本の現状、岩手の天候などをまとめて簡単に説明する。 私たちにできることは何かという点について、具体例を挙げながら生徒達と考える。 手回し発電機を用いて、白熱球とLEDのエネルギー消費の違いを体験する。 地球ボールを用いてキャッチボールをしながら、陸と海の面積の比率から「水」の大切さを話す。
推進員より
環境アドバイザーとの二人で前半、後半の20分ずつの4セットの内容が、子供たちにとって目まぐるしく転回したのではないかと思われます。大きく分けた方が良かったかなと反省。大人しい反応の子供たちでしたが、最後に床に座って話した時にはやっと積極的なまなざしになりました。
主催者より
地球温暖化がどういうことなのかを講師が用意した道具を用いてわかりやすく説明いただいた後、児童らと一緒に実践まで行っていただいた。児童たちの環境保全への理解が深まっていた。
県内のイベント情報はイベントカレンダー

***情報板***

スタッフによるつぶやき。 Twitter Iwate_eco

岩手県の情報はこちら 岩手県公式ホームページ