●推進員派遣報告
実施日
2014年2月 8日
研修会
[森林学習事業]森林整備体験
テーマ
里山の整備と樹木の二酸化炭素貯蔵について
推進員
佐々木 勝裕
主催者
特定非営利活動法人 里山自然学校はずみの里
対象
小学生以上
地域
一関市
内容
作業に入る前に安全上の注意を読み上げ確認した。 細い木の伐倒の見本を示し、子どもたちにもノコギリを使って木を切り倒してもらった。更に、枝を下ろし玉切って裏参道まで運ぶ作業を体験してもらった。その後、CO2の貯蔵量を測定している樹木を案内し、木炭を示しながらCO2貯蔵のあらましを話し、山林の果たす役割も伝えた。
推進員より
・夏のエネルギー教室に比べ、参加者が少ないのが残念である。 ・子どもたちは一生懸命にノコギリを使い、細いながらも丸太を運んだ。 ・子どもたちに作業をしてもらうには、事前に刈り払いをし、程よい木を残し布を撒いて選木しておいた。
主催者より
子どもたちがのこぎりを使って細い木を切り倒すことに挑戦。森林を整備することの大変さ、切った木の活用法など学んだ。二酸化炭素貯蔵量のお話は、難しいながらも真剣に聞いていた。
県内のイベント情報はイベントカレンダー

***情報板***

スタッフによるつぶやき。 Twitter Iwate_eco

岩手県の情報はこちら 岩手県公式ホームページ