推進員派遣報告
実施日
2017年6月 5日
研修会
奥州市環境学習事業「地球温暖化エネルギーとごみリサイクルに関する学習会」
テーマ
地球温暖化・エネルギーについて
推進員
若生和江
主催者
奥州市生活環境課
対象
水沢小学校5年生児童4クラス120名
地域
奥州市
内容
・「地球温暖化とエネルギー」について 温暖化って?私たちの暮らしと温暖化の関係は?僕らにできる事を考える。パネル・エネルギーのかばんを使って 感じる・学ぶ・知恵だし。 ・「ごみ・リサイクル」についての学習 ごみ処理やリサイクルの仕組みについて学ぶ。奥州市の現状は?ごみが増えるとなぜ困る? ・分別体験 リサイクルをやってみよう。ごみ減量の知恵を出し合おう。
推進員より
・二つのテーマを区切って それぞれのポイントが伝わるよう組み立てた ・パネルやエネルギーのかばんを使ったりして参加型の学習にしながら  実感しながらやってみるにつながるよう考えた。 ・この頃の気象の変化や地元での農作物への影響など身近な所から考える視点とエネルギーをたくさん使っている国と真っ先に影響を受ける地域が異なる事を知り、一人一人の行動が大切であることを伝えられるよう心掛けた。
主催者より
紙芝居、温暖化の仕組みをパネルで説明、二酸化炭素についてのクイズを出題、各国のエネルギー量のかばんを児童に持ってもらった。また、リサイクルの必要性をパネルを使って説明し、実際に分別作業を体験させた。 児童に問いかけながら進めたため、児童が飽きることなく、また実りある学習会となった。
県内のイベント情報はイベントカレンダー

***情報板***

スタッフによるつぶやき。 Twitter Iwate_eco

岩手県の情報はこちら 岩手県公式ホームページ