推進員派遣報告
実施日
2018年10月 9日
研修会
星と月In八幡平 月見 オークフィールド八幡平
テーマ
地域の星空環境と気候変動
推進員
吉田 偉峰
主催者
オークフィールド八幡平
対象
一般参加者10名
地域
八幡平市
内容
地域の星空環境と地域のエネルギー消費。 温暖化による天体観測、星空観察への影響。 季節の星空と、気候条件や周辺環境による星空環境の変化。
推進員より
八幡平市内で企画されている星空観察会の3回目であり、郊外での星空の現状や保全対策を中心に解説した。姫神山周辺に建設が進む風力発電所の航空障害灯が目立ち、再エネのデメリットについて考える方も見られた。時事変化する地域の環境に対して、常に意識を向ける必要がある。
主催者より
講義では、星や惑星について御講演いただいた。参加者からは、なぜ都会では星が見えず八幡平ではきれいに観察することが出来るのかの疑問を元に、光害もあるのではないかと予測される話があげられた。同時に、この地域でみられる星を維持できるよう電気の使用についても考えられる機会となった。
県内のイベント情報はイベントカレンダー

***情報板***

スタッフによるつぶやき。 Twitter Iwate_eco

岩手県の情報はこちら 岩手県公式ホームページ